【和食】 とらふぐ亭 新宿別館

画像
 とらふぐ亭のチェーンが「てっさ1円」セールやってたんで、行ってみた。
 店内は席待ちの人たちでいっぱい。冷静に考えると、約1000円引きでしかないんだが、1円の魔力は凄い。なぜか、客はカップルが大半。こっちは一人。
 
 ※その後、ふぐ食いに行ったことをとあるところで言ったら、ふぐおごらされましたorz
   1日2回ふぐ食うとは、2度と無いでしょう・・・

 カウンターに通され、職人さんたちがてっさを捌きまくってるところを見る。相当の量捌いてるから、腕上がるんだろうなあ。
 注文は、てっさ(1円)、白子刺し(あ、これも安かったけど、金額忘れた)、てっちり(1980円)、鍋皮。お通しはふぐ皮。
 てっさは、程よく熟成されてる感じで、コリコリ感もあるけど、旨みも出てる。たしか、締めてからすぐに捌くんで無く、寝かせてから捌いてると聞いたことがあるなあ。
 白子刺しは、旨すぎ。なんたって、大ぶりの白子の濃厚な風味は臭みとか全くなく、官能的なのですよ。たらの白子も旨いけど、やっぱふぐの白子は絶品ですな。
 てっちりは、名物の泳ぎてっちりと呼ばれる品。生きたのを注文受けてから捌くから、身が動くのよ。身が凄い締まってる。ただし、旨みとしては、捌きたてなんでイマイチ。でも美味しいよ。なんたって、ここはポン酢がめちゃ旨いからかなあ?
 贅沢にいろいろ食べて、ヒレ酒も2杯飲んだのに、6000円もいかなかったのは大満足。
 通常値段でも行きますよ。
画像
画像
画像
画像
画像

"【和食】 とらふぐ亭 新宿別館" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント